こんにちは。すけまるです。

今日は日本では馴染みのない国際女性デーについて書きます!

そもそも国際女性デーとは…

といったことについてはwikiさんで詳細を確認してもらうとして、どんなものをプレゼントするのか。何を飾ればいいのかについて早速ご紹介しようと思います。

イタリアでは街が黄色に?!

まずイタリアでは3月8日を”女性の日”と定め、日頃お世話になっている奥様や同僚に、男性からミモザの花を贈るという風習があります。そのためイタリアでは”ミモザの日”とも呼ばれており、現地では街がミモザの花でいっぱいになるそうです。

そもそもヨーロッパでは春の花としてミモザは人気があり、日本で言う桜のような位置づけです。花を贈る文化はヨーロッパから伝わることが多いのですが、ミモザに関してはまだ贈り物としての認識はありません。

むしろ女性の方々がミモザの花をドライのリースにして飾ったり、アクセサリーに取り入れたりしています。

ちなみに去年は2月初めに仕入れたものを使って、リース作りのイベントをしました。初めはふわふわで明るい黄色のミモザが、徐々にアンティークに仕上がっていき、2度楽しめるということで結構評判は良かったです♪

今年もする予定ですが、去年からオーダー注文やネット販売が多くなってきており、それだけのミモザを確保できるかがビミョーです(-_-;)

手作りイベントのお知らせは公式LINEやfacebookで更新する予定ですのでご興味がお有りならご覧くださいませ~っと、話がそれてしまいましたw

温カフェのミモザ

ここまでは生のお花の話で、今年はフェイクのミモザも新しく入荷します。今年の花材は今までより質の高いものを選びました♪造花だと毎年使えますし、桜のピンクより黄色が好きな方はぜひミモザの飾りを選んでいただきたいです。

温カフェでは生のお花(こちらは2月中旬)、アーティフィシャル(造花)もお店にも置いてます。男性の方は、日々の感謝を込めて女性の方へちょっとしたプレゼントにしてみてはいかがでしょうか?

ただミモザは花ではなく「木」なので取り扱いがある所は少ないかもしれませんのでご注意を(*´∀`*)

最後までお読み頂きありがとうございます☆